Contents

Category

Copyright (C) HI-SPEED All Rights Reserved.

自己破産ガイドとは

自己破産についての情報サイトです。

自己破産。一度は耳にしたことがある言葉ではないでしょうか。

現在日本には、数多くの数多くの借金をつくり、八方塞になっている多重債務者が多く存在しています。そういった方々は、自分ではどうすることもできませんので、法律を使って借金をどうにかしなければなりません。自己破産がその方法の一つです。

すでに自己破産した人、いろいろな人がいると思います。

これから自己破産をお考えの方々に、知識は少しでも多くあればあるほどいいものです。

当サイトでは、自己破産についての様々な情報を掲載していきます。
お役にたてれば幸いです。



自己破産を避けるために司法書士に聞いておくべきこと

自己破産をすると、様々なペナルティーを負うことになります。まず、信用情報機関が管理するデータベースに事故情報が残ることになります。ここで示す事故とは金融事故のことを指します。一般的にブラックリストに載るといわれている状態になります。このような状態になると、ローンを新規で組むことはできなくなってしまいます。

自己破産の手続きをしたときには、少なくとも、およそ五年から七年ぐらいは消すことができないとされています。事故情報が個人信用情報に残っている間は、ローンを申し込むことが一切できなくなってしまいます。また、官報にも事故情報が掲載され、いつまでも残ることになります。また、価値のある財産は残らず競売にかけられ処分されることになります。

このようなペナルティーを負うことを避けるためにも、大阪市の方が自己破産になってしまうのを避けるために、借金問題に詳しい大阪市の司法書士の方に聞いておくべきことは、他の債務整理の手続きで対処できないかどうかということです。他の債務整理の手続きには、任意整理や、個人再生、特定調停などといった方法があり、中には裁判所の、お世話にならずに解決できる方法も残されています。過払い金があれば、返済する必要がなくなったり、お金が戻ってくる場合さえあります。

債務整理のうちの任意整理を選ぶべき対象者

債務整理の中で任意整理は、財産を維持したまま債務を一定期間延長することで、債務を完済する方法です。では任意整理は、どのような債務者が適しているのでしょうか。

対象となるのは、安定した収入があること、および他人に知られることなく返済をおこないたいと希望する方に限られています。

なぜなら、この方法は債務を消滅させるのではなく、返済の方法や期間を見直して、債権者と債務者のあいだで新たな合意を形成して、合意の内容を実現していく手段となるからです。このため、安定した収入があることが絶対の条件となってくるからです。

新着サイトのご紹介

http://www.vivirengrado.com/

交通事故による慰謝料は弁護士相談。

http://www.tierecords.net/

交通事故慰謝料請求は弁護士に相談。